俺の外付けHDD

俺の外付けHDD

※はてなのサーバーラックでした

【PX-W3PE】TVTest0.7.23+EDCB人柱版10.66でTS抜きして視聴・録画

「とりあえず観られて録画できればいいよ」って人向け。2016年冬に、グラフィックドライバの更新によるts抜き非対応のPC用TVチューナー用ソフトのトラブルで、貯めていた約2週間分の録画データがすっ飛んだ悔しさを胸に書いたはずが、DTVにドハマリしてしまい、もはや当時の原型を留めていない記事になってしまった。

落ちてるバイナリを使って取り敢えずts抜き環境を構築できればいい方は、現在ご覧の記事をご覧下さい。
ソースやバイナリを自分でコンパイルして安定した環境を構築したい方、外付けカードリーダを使う方、自動エンコしてGoogleフォトに無限保存したい方は以下の記事を参考にして下さい。

nyanshiba.hatenablog.com

更新情報

年月日 更新内容
17/01/18 TvtPlay.iniの設定の意味
17/01/22 字幕プラグインの変更,TVTestの設定の修正,MSデコーダの導入方法の修正
17/02/05 EpgTimerの設定に追記
17/03/06 EpgTimerの設定,googleフォトの説明に追記
17/03/28 MSデコーダの導入方法を削除,新記事へのリンク追加
17/04/24 新記事へのリンクを追加
17/05/27 Markdownに移行(の際何度も更新通知が送られてしまい申し訳ありません),内容を一新
17/07/12 新記事の内容を反映、Twitter機能の説明を追加
17/09/23 新記事の内容を反映
18/02/11 新記事の内容を反映

注意事項

※全て自己責任で行って下さい。責任は負いかねます。
※PCの電源を入れたままアンテナの抜き差しをするとチューナーが壊れるのでやめましょう。
※リンクが機能していない場合は,ggって下さい。
※Readmeを必ず読んでからはじめること。この記事はあくまでも補助です。

・BDA Driver:それぞれのBDAドライバに付属
BonDriver_BDA
BDASpecial-PlexPX
BDASpecial-IT35
TVTest
TVTestVideoDecoder
TvtPlay
TVCaptionMod2
・EDCBはReadme.txt,Readme_EpgDataCap_Bon.txt,Readme_EpgTimer.txt
EdcbPlugInのbin内に付属
ffmpeg

用語解説

用語 解説
TVTest デジタル放送視聴・録画用ソフトだが名目上はデジタル放送汎用視聴プログラム実装研究資料である。最新版は0.9.0。開発版は0.10.0が出てるみたい。
EpgTimer デジタル放送録画タイマーソフト。有志の派生版が複数あるが。今回はxtne6f氏版を使用する。因みにEpgDataCap_Bonは録画モジュールであるが,今回はTVTestで代用する。
MPEG-2 TS MPEG-2トランスポートストリームの略。MPEG-2コンテナを送受信するための形式。字幕等様々な形式のメディアをまとめて扱える。
TS抜き コピープロテクト(CCI)をかける過程を無視して↑をそのまま保存すること。著作権保護されていないためキャプったり編集できる。ts抜きはコピープロテクトを解除してるわけではないので合法だが。市販のレコーダー等で解除して保存する行為(アクセスコントロールを解除してリッピングすること)は違法となる。ただの屁理屈である、お互いに。
EPG Electronic Programming Guideの略。デジタル放送で流れてくる番組情報など。
Scramble 契約者だけが観られるように電波を乱す暗号.B-CASカードで解除できる.正しく復号されてないとブロックノイズが出たり飛んだり真っ暗になったりする.
Drop tsパケットが抜け落ちること.ブロックノイズが出たり飛んだり真っ暗になったりする.
B-CASカード デジタル放送の暗号を解く処理を担う.柔らかいのとか黒いのとかはやめておいたほうが身の為である.
凡(Bon) Friio

市販のレコーダーとの違い

チューナー TS抜きできるPC用 TS抜きできないPC用 TS抜きできない市販の
PCでTV視聴録画 -
16:9以外のモニタ x
著作権保護非対応モニタ x x
USBDAC 使える 使えない -
OSの設定で100%以外の拡大率 x -
合法的にダビング10などの縛りを回避 ○(スクショや編集や複製が出来る,ただし私的利用のみ) x x
毎週録画 キーワードや局で絞る自動予約登録機能(極稀に番組名が変更されると失敗する) 連ドラ機能(たまに失敗する) x
番組検索をキーボードで x

共通

用意するもの

Windows OS
・録画の負荷はそれほどないのでCPUはそれほど高スペックでなくておk。ただし長期保存用にエンコする場合は特にソフトエンコの場合それなりのスペックが求められる。
・PCIExpressスロット又はUSB端子の空き
・W3PE4,Q3PE4の場合はUSB2.0ピンのあるマザボ(推奨)又は以下のパーツ等で対応(非推奨)

・ある程度の容量があるストレージ(生tsは結構サイズが大きい:30分アニメ≒4GB,映画・歌番組≒10~15GB,紅白≒25GB)
・チューナーボード
一般のチューナとは違い、処理能力も然程求められないので、チューナを目一杯使用することができる。地デジx2、BS/CSx2、計4番組という具合に。
現在のPLEXのチューナは内蔵でも外付けでもUSBでデータの送受信を行っているので、USB外付けタイプでも変わらないだろう。
↓内蔵タイプ 地デジx2、BS/CSx2
PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4


↓内蔵タイプ 地デジx4、BS/CSx4
↓外付けタイプ 地デジx2、BS/CSx2
↓外付けタイプ 地デジx4、BS/CSx4
B-CASカード(付属していないので以前使っていたものを流用するか https://www.b-cas.co.jp/B-CASカードの発行手続きを行って下さい)
同軸ケーブル(ゴミを買わないよう注意.マスプロがオススメ.出来る限り短くし,電源ケーブル系とは距離を離すこと.)
・分配器(必要な場合)
マスプロ電工 屋内用4分配器 全端子電流通過型 CSP4D-P

マスプロ電工 屋内用4分配器 全端子電流通過型 CSP4D-P

・分波器(集合住宅等で混合波の場合)
マスプロ電工 VU/BS(CS)分波器 SR2-P

マスプロ電工 VU/BS(CS)分波器 SR2-P

・外付けカードリーダ(内蔵カードリーダで録画すると復号漏れで映像が途切れる場合がある。安定した録画のためには買っておくと良い。)

LNB電源供給用ACアダプタ(BS/CSアンテナを使っていて,他の機器で給電していない場合)(分配器と併せて使用)
例えば個人でBS/CSアンテナを設置して使用している場合、一般のTVやレコーダ等は電源を入れると同時に給電されるが、それらを使用していない時間帯等にTS抜きチューナ単体で給電したい場合はこれを使う必要がある。給電は1ヶ所で十分である。
プレクス LNB電源供給用ACアダプタ

プレクス LNB電源供給用ACアダプタ

・やる気
・根気
・電気
【参考までも私の環境 】
・OS:Windows10Home64bit(Fall Creators Update適用)
・CPU:Intel Core i5-6500
・メモリ:DDR4 8GB
SSD 500GB(250だと厳しかったので500に換えました↓)
・チューナー:PX-W3PE REV1.3
・外付けカードリーダ:ACR39-NTTCom

ハードの取り付け

※PCの主電源が落ちた状態で作業を行ってください
①チューナー又は外付けのカードリーダにB-CASカードを挿し込む。
②PCIExレーン(外付けタイプは拡張ポートでなくメインのUSBポート)にチューナーボードを挿し込む。W3PE4等は電源コネクタも付ける。
③外付けカードリーダを使用する場合はB-CASカードの金属部がカードリーダの金属部にしっかり接触するように(裏返しかな?)挿して,カードリーダを取り付ける。出来れば拡張ポートでなくメインのUSBポートに接続すること。
④一戸建ての場合はプレクスのLNB電源供給用ACアダプタを取り付ける。

電源の設定

①(停電対策)BIOSでAC電源喪失から電源復帰した後自動で起動するように設定。
②(停電復帰時の自動ログイン)Win+R→netplwizと入力→ユーザーがこのコンピューターを使うには,ユーザー名とパスワードの入力が必要のチェックを外す。
③(自動ログイン時のセキュリティ確保のためスタートアップで自動ロックさせる)"C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup"右クリ→新規作成→ショートカット→rundll32 user32.dll,LockWorkStationを入力。
私はstartup.batとし以下の内容を記述している。

rundll32.exe user32.dll,LockWorkStation
start C:\DTV\EDCB\EpgTimer.exe

サービス登録でも良いんだけど,こういうのにサービスってあまり好きじゃないのよさ
②コントロールパネル又は設定→電源オプションで自動スリープをなしに設定。
③→電源の追加設定→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→スリープ→スリープ解除タイマーの許可を有効(これをしないとスリープ復帰で録画できない。S3スリープが出来る状態にしておくこと。)

フォルダ構成

最初に書いておく。これを参考にバイナリを配置していけば良い。設定後に現れるファイルもある。
32bitに揃えて下さい。混在しているとうまく動作しない場合があります。

TVTest(TVTest_0.7.23.zip)
┣Plugins
┃┣*.tvtp
┃┃(TVCaptionMod)
┃┣TVCaptionMod2.tvtp
┃┃(TvtPlay)
┃┣TvtPlay.tvtp
┃┃(EpgDataCap_Bon.zip)
┃┗EpgTimerPlugIn.tvtp(録画開始時にチューナーに空きがなければ追い出してくれる)
┣Themes
┃┗*.httheme
┣TVTest.exe
┣TVTest_Image.dll
┃(TVTestVideoDecoder)
┣TVTestVideoDecoder.ax
┃(BonDriver_BDA)
┣BonDriver_PlexPX_S.dll
┣BonDriver_PlexPX_S.ini 
┣BonDriver_PlexPX_T.dll
┣BonDriver_PlexPX_T.ini
┃(BDASpecial-PlexPX)
┣PlexPX.dll
┃(TvtPlay)
┣BonDriver_Pipe.dll
┗TvtAudioStretchFilter.ax
EDCB(EpgDataCap_Bon.zip)
┣BonDriver
┃┃(BonDriver_BDA)
┃┣BonDriver_PlexPX_S.dll
┃┣BonDriver_PlexPX_S.ini
┃┣BonDriver_PlexPX_T.dll
┃┣BonDriver_PlexPX_T.ini
┃┃(BDASpecial-PlexPX)
┃┗PlexPX.dll
┣RecName
┃┗RecName_Macro.dll
┣Setting
┃┃(設定後等に自動生成)
┃┣EpgAutoAdd.txt(これが自動予約登録リスト)
┃┣RecInfo.txt
┃┣RecInfo2.txt
┃┣Reserve.txt
┃┗EpgData
┣Write
┃┗Write_Default.dll
┣B25Decorder.dll(外付けカードリーダを使う場合)
┣BonCtrl.ini
┣BonDriver_TCP.dll
┣ConvertText.txt
┣CtrlCmdCLI.dll
┣EpgTimerPlugIn.tvtp
┣EpgDataCap_Bon.exe
┣EpgTimer.exe
┣EpgTimerNW.exe
┣EpgTimerSrv.exe
┣EpgTimerTask.exe
┣EpgDataCap3.dll
┗SendTSTCP.dll

必要なランタイムを入れる

言語パッケージ リンク
Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ(x86) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5638
Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ(x64) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=18471
Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム(x86x64両方必要,IA64のものは不要) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=14431
Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=26347
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x86) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5582
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x64) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2092
Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム(x86x64両方必要,IA64のものは不要) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=10430
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8328
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13523
Microsoft .NET Framework 4 (スタンドアロンインストーラー) https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17718

OSのユーザー名は半角英数字でないとエラーが出る場合があります。
32bit環境では(x64)は不要,64bit環境では(x86)(x64)両方必要。
余計な言語パックを入れても問題ない。

BDAドライバ(TVチューナーのドライバ)

Plexチューナ用
①BDAドライバをDLして解凍(ここにないものはこの項を参考にしないで下さい)。
PX-W3PERev1.3
PX-W3PEV2.0
PX-W3PE4
PX-Q3PE
PX-Q3PE4
PX-PX-Q3U4
PX-PX-W3U4
②Driverフォルダ内のBDAフォルダを開き,OSのアーキテクチャに合ったインストーラを実行。
③スタートボタンを右クリ→デバイスマネージャ→サウンド,ビデオ,およびゲームコントローラにhogehoge BDA driverがあればおk。
④BS/CS用アンテナを使用していて他の機器で電源供給を行っていない場合は,必ずACアダプタを付けて,Utilityフォルダ内のLNBフォルダを開き,LNB_ON.regを実行して電源供給をする(ONの状態でアンテナの抜き差しをしないこと).LNB_OFF.regでオフになる.再起動の必要はない。
⑤Utilityフォルダ内のISDB-T_LNA_Controlフォルダを開き,readmeを参考に調整(TVTestの設定後正常に映らない場合等に実行する).BS/CSの調節機能はW3PEには無い(必要な場合は増幅器や減衰器等で外部から調節)が,Q3PEにはある。
※Tは地上波を表し,SはBS/CSを表す

放送波 標数
地デジ 20~30dB
BS 10~18dB
CS 7~18dB

BonDriver(radi-sh版BonDriver_BDA改)を入れる

Plexチューナ用
※SはBS/CS,Tは地上波用のプラグインです。

PCIe転送タイプのチューナ(W3PE、Q3PE)

https://github.com/radi-sh/BDASpecial-PlexPX/releases
②内蔵カードリーダでスクランブル解除を行う場合のみ,BonDriver_PlexPX_T.ini,BonDriver_PlexPX_S.iniの5行目辺りをM2_Dec=1に書き換え保存
https://github.com/radi-sh/BonDriver_BDA/releases
④BonDriver_BDA.dllをBonDriver_PlexPX_S.dll、BonDriver_PlexPX_T.dllにリネーム

USB転送タイプ(IT35系)のチューナ(W3U4、Q3U4、W3PE4、Q3PE4)

https://github.com/radi-sh/BDASpecial-IT35/releases
②W3PE4、Q3PE4の場合はBonDriver_PX_x3U4_S.iniをBonDriver_IT35_S.iniに、BonDriver_PX_x3U4_T.iniをBonDriver_IT35_T.iniにリネーム。
更に以下を参考に書き換えると動く筈(PXW3U4,PXQ3U4をPXW3PE4,PXQ3PE4に書き換えただけ)。
私はこれらの環境が無く試せないので、差し支えなければどちら・どのようにして動いたかコメントで書いていただけると助かる。
BonDriver_IT35_T.ini

[Tuner]
FriendlyName0="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #0"
FriendlyName1="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #1"
FriendlyName2="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #0"
FriendlyName3="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #1"
FriendlyName4="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #2"
FriendlyName5="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #3"

BonDriver_IT35_S.ini

[Tuner]
FriendlyName0="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #0"
FriendlyName1="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #1"
FriendlyName2="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #0"
FriendlyName3="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #1"
FriendlyName4="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #2"
FriendlyName5="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #3"

だめだったらこっち
PXW3PE4 BonDriver_IT35_S.ini

[Tuner]
FriendlyName0="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #0"
FriendlyName1="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #1"
Name="PX-W3PE4"

PXW3PE4 BonDriver_IT35_T.ini

[Tuner]
FriendlyName0="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #0"
FriendlyName1="PXW3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #1"
Name="PX-W3PE4"

PXQ3PE4 BonDriver_IT35_S.ini

[Tuner]
FriendlyName0="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #0"
FriendlyName1="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #1"
FriendlyName2="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #2"
FriendlyName3="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-S BDA Filter #3"
Name="PX-Q3PE4"

PXQ3PE4 BonDriver_IT35_T.ini

[Tuner]
FriendlyName0="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #0"
FriendlyName1="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #1"
FriendlyName2="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #2"
FriendlyName3="PXQ3PE4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #3"
Name="PX-Q3PE4"

③内蔵カードリーダでスクランブル解除を行う場合のみ
使用するアプリのexeがあるフォルダに、WinSCard.dllとWinSCard.iniの配置が必要。
必要に応じてWinSCard.iniの内容を変更する。②と同様にPXW3U4の部分を適切なチューナ名に変更すること。

; カードリーダーとして使用するチューナーのFriendlyName(PX-W3U4の場合)
TunerFriendlyName="PXW3U4 Multi Tuner ISDB-T BDA Filter #0"

④TVTestでPX-W3U4/PX-Q3U4付属リモコンを使用する場合はreadme参照。
https://github.com/radi-sh/BonDriver_BDA/releases
⑥BonDriver_BDA.dllをBonDriver_IT35_S.dll、BonDriver_IT35_T.dllにリネーム

TVTest

TVTest(視聴ソフト)のバイナリを入れる

http://ux.getuploader.com/PX_W3PE/download/29/TVTest_0.7.23.zip からTVTest_0.7.23.zipをDLして解凍。

TVTestVideoDecoder(MPEG2デコーダ)バイナリ入手

Microsoft DTV-DVD Video Decoderは8から有料化,DScalaerが0.9.0には非対応のため,これを使います。一時停止時にキャプれるのが便利。残像がすごいから嫌ってる人は設定をミスってる(tvtestの設定辺りを参照)
(つい最近出たのか,ストアアプリから入れられるMS公式の無料のMPEG2デコーダを入れたけど,サムネイルが表示できるってだけだった…)
https://github.com/DBCTRADO/TVTestVideoDecoder/releases からバイナリを入手
TVTestVideoDecoder_0.3.0.7zを解凍

TvtPlay(再生プラグイン)を入れる

録画したtsファイルを再生する時に早送りしたりするためのプラグインです。
https://github.com/xtne6f/TvtPlay からバイナリを入手
regsvr32 "C:\TvtAudioStretchFilter.axのパス"を管理者で実行
③成功しましたと出たらおk
TVTest側の設定でどうにかなったhttps://github.com/xtne6f/TvtPlay/tree/work-plus からソースを入手してVS2015でビルドして"\TvtPlay-work-plus\src\Release\TvtPlay.tvtp"と↑のバイナリを入れ替えると全画面表示や独自タイトルバーを使用しない場合にスマートになる。

TVCaptionMod2(字幕プラグイン)を入れる

字幕を観ないのなら入れなくて構いません。TVCaption,TVSubtitleと試しましたが一番フォントレンダリングが綺麗なTVCaptionMod2が今のところおすすめです。
https://github.com/xtne6f/TVCaptionMod2

TVTestの設定

TVTestでもEDCBのEPGデータを使用したりするので,先にEDCBから設定すると良い。
言われたとおりに進むとチャンネルスキャンをしてくれると思います。
最低限やっておくべきものだけ書きます。どんな項目があるのかざっと確認して好みの設定に変えて下さい。
※チューナー使用中(録画中など)にTVTestを起動すると,「BonDriverの初期化ができません。」エラーが出る場合がありますが,空いてるチューナーやPipeを選べば問題ありません。
※初回起動時にはカードリーダ:内蔵カードリーダを使う場合はスクランブル解除しない,外付けカードリーダを使う場合はスマートカードリーダ

一般

・デフォルトのBonDriver:指定したBonDriverを選択し,BonDriver_Pipe.dllを選択しておくと,上記エラーが出ることがないので便利。

表示

・最小化時タスクトレイに入れるにチェック(EDCBで使う場合,PC使用中で録画開始時にアクティブウィンドウになってしまうと厄介なので)
・抑止:3つともチェックしておくと視聴時にイラつかない

ステータスバー

・TvtPlayステータスバーにチェック

キー割り当て

・ チューナー選択や字幕プラグインのONOFF,キャプチャ又は字幕付き画像の保存,TvtPlayの早送り(後述)などにショートカットキーを設定しておくと便利。

映像

MPEG-2デコーダ:TVTest DTV Video Decoder
・映像レンダラ:EVR
※TVTest本体右クリックでフィルタのプロパティ→映像デコーダ(再生中に設定できる)
以下を設定後,動きのあるシーン等で残像感や縞模様が無いことを確認してください。
DXVA2によるデコードを有効にする:お好みに。ハードウェアのデコードは字幕プラグインの合成機能と相性が悪いのでちらつく場合はチェックを外す。(要再起動)
インスタレース解除(非DXVA時):インターレース解除を行わない
インターレースフラグを設定する:外しといていいと思う

音声

・音声フィルタ:TvtAudioStretchFilter(TvtPlayの早送りなどに対応させるため)

録画

・保存先フォルダ:…をを押してお好みに設定してください(私の場合はユーザーのビデオフォルダ)
・ファイル名マクロ:▼を押してお好みに設定してください
・字幕データを保存する:必要な場合はチェック。
・データ放送を保存する:チェックを外した方が良い。

キャプチャ

・保存先フォルダ:…をを押してお好みに設定してください(私の場合はユーザーのピクチャフォルダのTVTestフォルダ)
・ファイル名マクロ:▼を押してお好みに設定してください
・大きさは表示されている大きさに設定(元の大きさだと例えば50%で表示中にキャプった時に1920x1080に引き伸ばされて保存されてしまう)
・保存形式:JPEGじゃないとパンクしますが画質に拘るのならPNGにしておくと良いでしょう。

チャンネルスキャン

自動でチャンネルスキャンされなかった場合は手動で行ってください。S(BS/CS)とT(地デジ)1つづつスキャンすれば全てのチューナーに反映されます。

EPG/番組情報

EPG情報をファイルに保存する:チェックを外す
・EpgDataCap_BonのEPGデータを利用する:チェックを付ける
EPGデータのフォルダ:EDCBフォルダ\Setting\EpgDataに指定(これによりTVTest側のEPG取得が不要になる)
・ロゴデータをファイルに保存する:チェックしても良い

プラグイン

・TVCaptionMod2.tvtpの設定
映像への字幕合成機能を使う:チェック(要再起動)
外字テーブル名:WindowsTV丸ゴシックを使う場合は!typebank(詳しいところはreadme参照)
描画方式:3-映像と合成(これでTVTest本体のキャプチャ機能でキャプれる)
・TvtPlayの設定
TVTestのPluginsフォルダのTvtPlay.iniをテキストエディタ等で開き,readmeを参考にシークや早送り再生を自分好みに編集。8倍速まで可能(宇宙人向け)。
TsTryGaplessPause=1ギャップなしで一時停止,再生する
RaiseMainThreadPriority=1早送り時にdropがあった際応答しなくなるのを回避
↓以下を参考にしてみると便利

SeekItemOrder=99
StatusItemOrder=99
IconImage=
SeekA=-60000
SeekB=-30000
SeekC=-15000
SeekD=-5000
SeekE=4000
SeekF=14000
SeekG=29000
SeekH=59000
StretchA=100
StretchB=120 
StretchC=150 
StretchD=200 
StretchE=50 
; ボタン0の位置にボタンデザイン0を表示させ,ファイルを開く動作を指定
Button00=0,Open
; ボタン4の位置に"-60"と表示させ,シークAを指定
Button04='-'6'0,SeekA
Button05=;'-'3'0,SeekB
Button06='-'1'5,SeekC
Button07='-' '5,SeekD
Button08=6,Pause
Button09='+' '5,SeekE
Button10='+'1'5,SeekF
Button11=;'+'3'0,SeekG
Button12='+'6'0,SeekH
; ボタン15の位置にボタンデザイン16,右クリで等倍速,左クリで倍速一覧(%)がポップアップ
Button15=16,StretchZ,StretchPopup

https://github.com/xtne6f/TvtPlay/blob/work/src/Buttons.bmpにボタンデザインの一覧がある。

TVTest.exeをタスクバーに登録

①TVTestを起動しタスクバーにピン留めする
%AppData%\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar\に移動
③TVTestのショートカットのプロパティを開き,リンク先に/tvtplayを追加

録画したtsファイルをダブルクリックで再生

①tsファイルをプログラムから開く→その他のアプリ→TVTest.exeで関連付ける
レジストリエディタでHKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Applications\TVTest.exe\shell\open\commandにアクセス
"C:\TVTest.exeのパス" /nd /d BonDriver_Pipe.dll "%1"に変更

トラブルシューティング

※PCの電源を入れたままアンテナの抜き差しをするとチューナーが壊れるのでやめましょう
※以下を確認しても解決しない場合は一から環境構築をやり直すか,OSのクリーンインストールを試す。
【起動しない】
・言語パックは足りてるか
・欠損しているバイナリはないか
・パス等が間違っていないか
・落としたビルド済みソースに問題がないか,バージョンの違うバイナリは混在していないか
・OSのアップデートはなかったか
【0dB,0Mbps,D(ドロップ)の値が増えすぎる,ブロックノイズだらけ】
・アンテナの向きが正しいかどうか
・給電の設定は正しいか,給電器が壊れてないか
・感度調整は正しいか(BS/CS側のdBが足りず,抜けそうなくらいギリギリまで同軸ケーブルを緩めると映る場合は減衰器,混合波の場合は分波器を挟むと治るかも?)
・各部緩んでいないか
・PCIExの帯域が足りているか
デコーダは入れてあるか
・再生オフになっていないか
【S(スクランブル)の値が増える】
・内蔵カードリーダのハード側の問題で30分で5桁くらいの値になることがあるが,その場合は外付けカードリーダを使うしかない。
B-CASカードがしっかり刺さっているか
・CPU使用率に余裕はあるか
【エラーメッセージ】
・BonDriverの初期化ができません:選んだチューナーに空きが無いので空いてるチューナーやPipeを選べば問題ない。
・DirectShowの初期化ができません。MPEG-2デコーダフィルタをフィルタグラフに追加できません。:使えるデコーダを入れましょう。因みにMSのデコーダwindows8から有料化されたので別のものを使いましょう。
・音声デコードフィルタがうんたらかんたら:regsvr32 "C:\TvtAudioStretchFilter.axのパス
・何も書いてないポップアップウィンドウ:私の場合は外付けカードリーダのUSBポートの位置を変えてしまった時に起こった

EDCB

EDCB人柱版10.66(録画アプリ)のバイナリを入れる

https://www.axfc.net/u/2476603 からEpgDataCap_Bon.zipをDLして解凍。

Twitter連携する(コンパイル必要)

※必要ない場合は飛ばしても構いません。
10.66のTwitter機能はAPI1.1に対応していないためxtne6f版EDCBのwork-plus-150926から貰ってくる。
①予め通知用のTwitterアカウントを作っておく。
②↑と本垢等でFFになって,スマホで↑のプロフィールから投稿通知を受け取るように設定。
https://dev.twitter.com/apps でCreate New Appからアプリケーション登録を行う。
Nameはtwitterクライアント内でクライアント名として表示されるので中二病患者はお気をつけください。
Website,Callback URLは今回使わない情報なので嘘でも構わない。
Access levelはRead and writeに設定。
https://github.com/xtne6f/EDCB/releases/tag/work-plus-150926 からソースを入手
⑤\twitter\twitter.slnをVS2012Expressで開く
⑥右側のソリューションエクスプローラを展開しtwitterDef.hを開く
⑦Keys and Access TokensのConsumer Key (API Key)とConsumer Secret (API Secret)を"取得したものを入力してください"に入力して保存
⑧\twitter\twitter\twitter.rcをテキストエディタで開く
⑨2箇所のafxres.hwinres.hに修正保存して閉じる

#include "winres.h"
~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 TEXTINCLUDE 
BEGIN
 "#include ""winres.h""\r\n"
 "\0"
END

⑩再度twitter\twitter.slnをVS2012で開き上のDebugをReleaseに変更,ビルドからソリューションのビルド
========== ビルド: 1 正常終了、0 失敗、0 更新不要、0 スキップ ========== になればおk
⑪\x86\Release\twitter.dllをEDCBのフォルダに配置

EpgDataCap_Bon.exeの設定

①EpgDataCap_Bon.exeを2つ起動。
②それぞれS,Tを選択しチャンネルスキャンをする。時間がかかるのでその間にPC内のいかがわしい画像等を整理しましょう。
③終わったら目的のチャンネルが表示されていることを確認し閉じる。
BS1,BSプレミアム等が検出できない場合は,BonCtrl.iniのChChgTimeOut ServiceChkTimeOutでそれぞれの値を15~20程度に変更して再度スキャン。(チャンネルスキャンのタイムアウト値を大きくする)(人柱版10.61.1以降)
④再度EpgDataCap_Bon.exeを起動し設定を開く
⑤基本設定
・保存フォルダ:指定
⑥動作設定
スクランブル解除処理を行う:チェック
EMM処理を行う:チェック(有料放送を契約している方は必須)
録画時,字幕データを含める:お好みで
最小化時タスクトレイに入れる:チェック(しないと録画時に毎回現れて邪魔)
EPG取得設定,サービス表示設定
EPG取得サービス:マルチ編成(連番や同じ名前)になってるものは一番上を残して削除,絶対に観ないチャンネルや契約していないチャンネルを削除
⑧ネットワーク設定
UDP送信などは使いづらいのでパス。追っかけ再生などはTVTestから直接ファイルを開きtvtplayを使うと良い。

EpgTimerの設定

最低限やっておくべきものだけ書きます。どんな項目があるのかざっと確認して好みの設定に変えて下さい。
①EpgTimer.exeを起動し設定を開く。
②基本設定
・保存フォルダ
録画保存フォルダ:指定
スタートアップにショートカットを作成するを押下
・チューナー
それぞれのチューナー数を2(q3peなら4)に書き換える
EPG取得
EPG取得対象サービス:マルチ編成(連番や同じ名前)になってるものは一番上を残して削除,絶対に観ないチャンネルや契約していないチャンネルを削除
EPG取得開始時間:録画に重ならない好きな時間を最低でも1日1回は指定
③動作設定
・録画動作
スタンバイ:チェック
抑制条件:次の予約が何分以内にある時,何分以内にユーザー操作があった時PC使用中とみなしスリープ移行しないようするかを設定
プロセス優先度:通常以上又は心配なら高に設定(リアルタイムはオススメしない)。
最小化で起動する:チェック
・予約情報管理
イベントリレーによる追従を行う:チェック
④番組表
・表示項目
カスタマイズ表示:チェックし,マルチ編成(連番や同じ名前)になってるものは一番上を残して削除,絶対に観ないチャンネルや契約していないチャンネルを削除
⑤外部アプリケーション
・ファイル再生
再生アプリのexeパス:TVTestのパスを通す
コマンドライン引数:/d BonDriver_Pipe.dll /tvtplay /nd /s "$FilePath$"を入力(BonDriverにBonDriver_Pipe.dllを指定,tvtplayを有効,スクランブル解除しない,複数起動しない)
Twitter連携
Twitter連携機能を有効にする:チェック
デフォルトブラウザで通知用Twitterアカウントでログインした状態で認証用URLを取得するを押下
出てきた暗証番号を入力し適応
動作テストしツイートされ通知が来るか確認
有効にするツイート内容を決める(私の場合は録画中の変更検知と録画開始にチェックした、参考までに)

追従:$SDYYOLD$/$SDMOLD$/$SDDOLD$ $STHOLD$:$STMOLD$ ~ $ETHOLD$:$ETMOLD$ → $SEYMDHMNEW$ $TitleNEW$ $ServiceNameOLD$
録画開始:$SDYYNEW$/$SDMNEW$/$SDDNEW$ $STHHNEW$:$STMMNEW$~$ETHHNEW$:$ETMMNEW$ $TitleNEW$ $ServiceNameNEW$

(例:録画開始:17/3/29 01:35~02:05 けものフレンズ[終] 第12話「ゆうえんち」 テレビ東京1)
※局ごとにハッシュタグを付ける機能が欲しい場合はhttp://nyanshiba.hatenablog.com/entry/2017/04/24/225916参照
⑥最後にEPG取得を押下して完了

EDCBの使い方

例1 アニメ全録

検索キーワードに半角スペース,ジャンル絞込で国内アニメを追加,映像サービスのみ,検索,自動予約登録条件に追加

例2 今期アニメ毎週録画

正規表現モードにチェック,検索キーワードに(うらら迷路帖|けものフレンズ|幼女戦記|クズの本懐~)など,ジャンルを国内アニメ,チャンネルをTBS,テレ東,MX,検索(余計な番組が表示されてしまう場合は,時間指定やnotキーワードで工夫する),自動予約登録条件に追加
※基本的に市販のレコーダーにあるような連ドラ機能はない代わりに,検索で代用します(この方が正確)。
※自動予約登録に番組名を1つづつ登録すると重くなるので,正規表現で局や期毎に分けて正規表現を使うと良い。
人柱版10.66ではアルファベットは大文字,スペースが入るものはスペースの前か後のワードで頑張らないといけない。
※録画モードで視聴予約を選ぶこともできる。

外出先から予約・視聴

たまにしか使わないのであればchromeリモートデスクトップが一番お手軽だろう。
PCの性能とチューナー数が許す限り何番組同時に録画しても視聴してもエンコしても大丈夫だ。ここが市販レコーダーとの差である。
頻繁にロケフリを利用するならばTvRemoteViewer_VBを利用したりリモート用にVPNで環境を作ると良いだろう。

録画前後実行bat

Twitter連携機能を拡張させたり,(全自動でffmpegエンコードGoogleフォトに)"無限保存"したい場合はこちらの記事の冒頭から手順を辿って下さい。
http://nyanshiba.hatenablog.com/entry/2017/04/24/225916

おわりに

余談

余談ですが,以前はTS抜きできないPCIExpress接続のPC用TVチューナを使っていましたが,様々な制約はあるものの,導入は凄く簡単でした。それにこちらのメーカーは公式の対応が良かったのでライトユーザなら無理してこんな七面倒臭いことしなくてもいいかも。


ツクモでこんなの見つけた。ts抜きは出来ない。

ひとこと

すぐ投げ出したり人に頼ろうとはせずreadmeを熟読するなりネット上の記事や2chを漁ったりして頑張りましょう。
有志の開発者の皆様方,深く感謝しています。

広告を非表示にする