読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の外付けHDD

外付けHDDではなくはてなのサーバーラックの中でした

ブログ開設しました、疲労感や集中できない原因は小麦だった?!

以前も幾つかブログを書いていたことがあったが、メインのTwitter垢が凍結した後、暇過ぎてフィードに登録してあったサイトの更新をチェックしていたら、数年苦しめられてきたブレイン・フォグの原因が小麦(グルテン不耐症なのかセリアック病なのかは分かっていない)と分かった。あまりにもスッキリするもんで、ちょっと気になってたはてなブログをはじめることにした。ああ、まるで幼いころの自分が戻ってきたようだ。つたない文章ですがどうぞ宜しくお願いします。

本題に入る。ブレイン・フォグという言葉を知ったのはごく最近で、ずっと

・頭のだるさや立ちくらみ

・朝起きられない

・集中できない、いやこれほんとまじで(=ブレイン・フォグ)

・ちょっと内容が濃いアニメを観るだけで面白いはずなのに嫌になる

・記憶力が皆無

・会話をすることや文章を書くことが困難

・全身の慢性的な疲労感

・運動中に小麦製品を食べると動けなくなる

・腰や関節の痛み

・むずむず症候群

・慢性の下痢、おならが多い

・疱疹状皮膚炎(二の腕の裏や背中のブツブツ)

・体重減少(太れない)

・成長障害(背が伸びない)

・通常の血液検査などでは分からない(が、ビリルビンの値が少し大きかった)

カゼイン不耐症(乳糖不耐症)

 

などの症状に悩まされていた。下記のサイトなどを見ていたら気づいたような、些細なことも書いておいた。

疲労の原因「食物不耐症」とは

halokun.hateblo.jp

ameblo.jp

始まりは中1くらいだろうか、いやもっと前からのような気もする。急に始まったのなら気づいていたはずだ。成長期による食欲増加や部活が原因なのか、成長によって悪化していくのかは分からないが、一生気づかぬまま生きている人達が世の中には大勢居るだろう。

最初は少々勉強に手が付かない程度だったが、年齢が上がるにつれ徐々に症状が重くなっていった。勉強は全くしなくなり、どの試験もぶっつけ本番だったが第一志望の公立高校はサボり(このあと先生に滅茶苦茶怒られた。「学校の名誉を汚すな、インフルでも行った子もたくさんいるんだぞ」と言われたときは正直驚いた。確かに一理あるが、ブラック企業かよ)、第二志望の私立は一応普通クラスには入れた。

毎日「自分は怠け者なんだ」と言い聞かせて過ごし、それでも納得がいかない時は医者に診てもらったりはしたが、低血圧だの起立性調節障害だの体質性黄疸(ビリルビンの値が少し大きかったため)だのとどれも大したことはなく、薬を飲んだり医者に言われたことを守っても何も変わらないどころか悪くなるだけだった。鍼灸院に言って東洋医学のうんちくを聞きながらマッサージしてもらったり、しまいには自分も鬱なのではないかと疑ってみたり。

幸いにも高校では友だちに恵まれて楽しかったが、遅刻が重なり留年、結局中退した。中3の頃から始めたロードも高1の春のレースでまずまずの好成績を出したきり、成長するどころか退化して、楽しいはずの趣味を辞めることになってしまった。幼い頃から続けていたピアノもまだ未熟な幻想即興曲を残して辞めてしまった。

高校受験の時期に組んだPCで、TVキャプチャやちょっとしたスクリプトをかじったり、ここ最近まではバカッターを晒し者にしたりして遊んで現実逃避していたが、ついに凍結され凹んでる時に、

たまたま見つけたキュレーションメディアの記事で救われた。

jin115.com

こういうキュレーションメディアのやり方は正直気に入らないが、賢い稼ぎ方だとは思う。何より人生救ってもらったわけだし馬鹿に出来ない。

本題に戻る。たまたまfeedlyで目についたので見てみたら、かなり症状が一致してるではないか!といろいろ調べて下記のサイトなどを拝見し、とりあえず効果が出ると言われる2週間グルテンフリーをやってみることに。

グルテンフリーで疲労回復

news.livedoor.com

買い物に行って普段あまり見ない原材料名を気にしてみる。「原材料の一部に小麦~を含む」くらいなら食べてもいいだろうが、殆どのお惣菜はアウトだから辛い。パスタとかパンとか丸亀のうどんとかがたまに頭の中にポップしてくるが、あの辛さを被るくらいなら容易に我慢できる。意外と小麦製品って食べなきゃ食べないで構わないものなんだな、トマトと違って。

数日で効果が現れ、家事なども手伝うように。親との会話も成立し、とても驚いていた(笑)。グルテンフリーというワードは以前から知ってはいたが、健康志向の人やダイエットに苦戦してる人が好む、科学的根拠のないことだとバカにしていた面もあったので、正直昔の自分が恥ずかしい。現在3週間以上たったところで記事にしているが、やろうと思って後回しにしていた色々なことを絶賛消化中だ。

苦しんでる間に順風満帆の人生なら得ることはない経験をしたが、失った青春は戻らない。ただ、これが良かったのか悪かったのかは分からないけど「とりあえず今すべきことをやれば良いんじゃないかな」というのがクソガキの私の結論。治ったら治ったで大変だな。

花粉の季節に突入した。今までは痒さに負けて目を擦ったり喉を舌で掻いてしまい余計炎症を起こしていたが、今年は余裕で我慢できそうだ。勿論辛いのは辛いけど、こんなものかよって感じ。ラッキーなのかな?

次回はaviutlやtvtest・EDCBの導入手順メモかrobocopyコマンドの覚書か何かになると思う。

2016年12月19日追記:グルテンフリーを馬鹿にしていた件について

2017年3月8日追記:言い回しの訂正、後から分かったことを追記

: